契約をする

建物の建設を条件付にして契約する

不動産売買では、建物の建設が無くても取引が出来ることがあります。 土地だけを購入し、その土地に後から建物を建てることを前提条件として契約を締結するのです。 こうした建設の条件付の売買契約は、至るところで見ることが出来ます。 例えば、高層マンションなどの売買契約です。 高層マンションは、建設するまでに時間がかかるためまずは入居者を募って契約だけを済ませることが多いのです。 もちろん、一戸建ての不動産でもこのような契約方法は出来ますので大変便利です。 そもそも、このような方法で契約をすると全体的な費用が安くなります。 土地と建物は、基本的に二つの料金を合わせた価格で取引が行われるため割高になる傾向にあります。 こうした条件付の契約をしておけば、余計なお金を使わずに済みます。

土地の手数料だけを業者に支払う

建物の建築条件を付けた契約では、業者に対する手数料が安くなるというメリットがあります。 例えば、土地と建物を一緒に購入すると仲介手数料は土地と建物の法律的な上限を計算して支払わなくてはいけません。 しかし、土地だけがあって建物が後から立てられるような場合には仲介手数料は建物に関して請求することが出来ないのです。 仲介手数料で請求することが出来るのは、あくまでも現在存在している不動産だけであってそれ以外の価格は計算に入れません。 そのため、たとえ後から建物が建てられることがわかっていたとしても料金は支払わなくても良いのです。 不動産の平均的な価格は、このような工夫をすることによって大きく下げることが出来るため知っておいて損はないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加