競争をさせてみる

複数の仲介業者に競争させましょう

自分が住んでいる不動産であったり、親から相続した不動産を売却するとすれば「1円でも高く売りたい」と考えるのが自然なことですよね。ここでは、不動産売却を有利に進めるためのノウハウをお教えしたいと思います。 まず、不動産売却を行うためには「買主探しを仲介業者に依頼すること」が必要となります。仲介業者の目的は仲介手数料を稼ぐことです。この仲介手数料は「不動産売買契約が成立してはじめて発生する」ものですから、買主探しを依頼すれば仲介業者は不動産売却に向けて一生懸命汗をかいてくれることでしょう。 ここで、不動産売却を有利に進めるために一つアドバイスをさせていただきます。それは、「複数の仲介業者に買主探しを依頼して競争させる」ということです。

売却の依頼に費用はかかりません

上述のとおり、不動産仲介業者は不動産売買契約を成立させてはじめて仲介手数料を受け取ることができるわけですから、裏を返せば「不動産売買契約を成立させなければ仲介手数料は受け取る権利がない」ということになります。 したがって、複数の仲介業者に買主探しを依頼し(ただし、仲介業者の1社と専任媒介契約を締結してしまうと、他の仲介業者に買主を依頼することができなくなるため、専任媒介契約を締結してはいけません。)、仲介業者に買主探しを競争させることで良い条件を引き出すようにするのです。ここでいう良い条件とはいうまでもなく「1円でも高く買ってくれる買主」ということになります。 不動産売却には一定程度の時間を要するため、少しの間売れなかったとしても決して売り急いではいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加